メルセデス・ベンツ CLA180

メルセデス・ベンツ CLA180 DBA-117342
駆動方式 FF
トランスミッション 7速AT 直列4気筒 270
排気量 1595CC
最高出力 122ps/5000rpm
最大トルク 20.4kgf/1250-4000rpm
車両サイズ 4640mm×1780mm×1430mm
車両重量 1470kg

3210.jpg

フロント

3211.jpg

フロント②

3212.jpg

サイド

3213.jpg

リア

3214.jpg

タイヤ&ホイール

3215.jpg

インテリア全体

3216.jpg

運転席から

3217.jpg

メーター

3218.jpg

運転席スイッチ①

3219.jpg

運転席スイッチ②

3220.jpg

カタログ

総合 83
走行 78
外装 88
内装 82

→今回試乗したグレードは、 CLA180(¥3590000~)。
乗り出しだと400万を超える感じだと思います。内外装のデザインや走りのよさ等を考えれば高くはないと思います。
メルセデスの中で私が気になっているのは、このCLA180とC180であります。
値段等総合的に考えると、このCLA180が一番お買い得な感じがしたので今回試乗しようと思った。
(新しく7月からオープンしたデイーラーなので行って見たかったというのもありました。)
しかし、残念ながら今回試乗したCLAは、来月にはマイナーチェンジをするという事で、
時期的にタイミングが悪かったです。マイナー後また連絡をくれるという事です。

今回の試乗コースは、主に片側2車線の国道がメインで、約20分ぐらいの試乗でした。
エクステリアのデザインはどこから見てもカッコよく、日本の道路事情にあったサイズです。
中に乗り込んでみるとメルセデスの中では一番ベーシックなクラスだがその質感の高さは、
うまく仕上がっていて、シートもいい感じです。

試乗にうつり、アクセルを踏んでみる、重量が1470kgもあるので心配していたが街乗り程度では問題なかった。
スタートがスムーズで踏み込んだ時の加速も好印象、最大トルク20.4kgr 1250-4000回転までキープする
ダウンサイジングターボでひと昔前の2リッターNA並の動力性能だと営業さんが言っておりました。
エコ、スポーツ、マニュアルモードがあり、スポーツにしてみると回転の上昇が速く4気筒ですが、
気持ちの良いスポーティなエンジン音が響きます!0-60km加速に関して十分な動力性能と気持ちの良い
エンジン音だと思います。
また中間加速30-70kmぐらいでも動力性能に不足はないです。
試乗では、試せなかった60-100kmの加速、坂道での加速性能、
このあたりがどうなのか気になりますが、十分加速してくれると思います。
動力性能に関して試乗レベルでは、不足な場面はなかった。
またハンドリングがこれまた良い!。最近どのメーカーもハンドルが軽く曲がる面白さがなくなってる感じがしましたが、
このCLAが、なかなかハンドリングがいい!そして足回りもがっちりしていて安定感が素晴らしい。
高速走行でもかなりの安定感があると思います。

まとめ
乗り出しだと400万円を超えてしまうCLA180ですが、
内外装の質感の高さ、ハンドリングの良さ、高速安定性、エンジン音と、
どれをとっても満足のいく車に仕上がっていると思いました。

マイナス点
パンチのある加速感はない
150馬力ぐらい欲しかった
アクセル踏み始めがちょっと重い
ノーマルモードがない

試乗日:H28.08.05

ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ



[ 2016/08/05 18:15 ] 試乗記 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasu278.blog.fc2.com/tb.php/142-87a69b3c