アコードハイブリッド ハイブリッド EX

アコードハイブリッド ハイブリッド EX(CVT_2.0) DAA-CR7
駆動方式 FF
トランスミッション CVT 直列4気筒 LFA-H4
排気量 1993CC
最高出力 145ps/6200rpm 最高出力215ps
最大トルク 17.8kgf/4000rpm 最高出力32.1kgf
車両サイズ 4945mm×1850mm×1465mm
車両重量 1600kg

3240.jpg

フロント①

3241.jpg

フロント②

3242.jpg

サイド

3243.jpg

リア

3244.jpg

タイヤ&ホイール

3245.jpg

インテリア全体

3246.jpg

前席インテリア

3247.jpg

メーター

3248.jpg

運転席スイッチ類

3249.jpg

カタログ

総合 83
走行 82
外装 85
内装 85

→今回試乗したグレードは、 アコードハイブリッド ハイブリッド EX(CVT_2.0) (¥4100000~)。
乗り出しだと400万後半という事です。値段まで見てなかったのでびっくりしましたw
このモデルは、ちょうど先月マイナーチェンジが行われたモデルで、
先代と比べかなり装備も充実していて質感も高められているのでこれぐらいの値段になるかと思いました。

今回の試乗コースは、主に片側2車線の国道がメインで、約15分ぐらいの試乗でした。
エクステリアのデザインはどこから見てもカッコよいが、日本の道路事情にあったサイズではないと思います。
中に乗り込んでみると内装の質感が高くうまく仕上がっていて、シートもいい感じです。
内外装の質感は、十分なデザインかと思います。

さっそく試乗します。デイーラーを出て0-60kmぐらいまでアクセルを結構踏み込み加速してみます。
ハイブリッドらしいトルクフルな加速で一瞬で60kmに到達!流行のダウンサイジングターボよりHVの方が
低回転域の加速はさらに上をいっているような感じがしました。その後の加速も十分な加速をします、
また中間加速30-70kmぐらいでの加速では、楽々70kmまで到達します。
動力性能に関して試乗レベルでは、もちろん不足する場面はなかったし、
2000CCHVなんですが、加速力にびっくりしました。
エンジン音も不快な感じの音でもなく、ハンドリングもほどよい重さで悪くなく十分だけど、
HVらしい出だしの加速に対して重量が重いのか軽快感はない。

まとめ
乗り出しだと450万円を超えてしまうアコードHVですが、
内外装の質感の高さ、HVらしい出だし、高速安定性と
街乗りから高速まで余裕ある走りができる車に仕上がっています。


マイナス点
車体が思い
サイズがでかい
値段も高め

試乗日:H28.08.05


ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ









[ 2016/08/08 18:38 ] 試乗記 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasu278.blog.fc2.com/tb.php/144-9759bb66