マツダ 2代目アテンザスポーツワゴン 

987.jpg


アテンザ DBA‐GH5FW
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT 直列4気筒
排気量 2488CC
最高出力 170ps/6000rpm
最大トルク 23.0kgf/4000rpm
車両サイズ 4765mm×1795mm×1450mm
車両重量 1470kg

アテンザで行く筑波山ドライブ→URL

988.jpg

直列4気筒 2500CC 170馬力 トルク23kg

989.jpg

エクステリアのデザインが良い所です。

986.jpg

へっこみがありますが、スルーでお願いします(笑)

981.jpg

リア 2本出しマフラー

990.jpg

インテリア 

983.jpg

残念ながら、3代目アテンザと比べるとインテリアは、古さを感じます。

☆試乗レビュー
・直進安定性 70
・コーナリング 55
・ブレーキ 65
・加速 60
・エンジン音 40

→初めに、直進安定性は、ホイールベースが長い事もあって安定感があります。高速域では、レンタカーで借りたフーガより安定感がないため70点としておきます。それでもこの値段では、優秀です。

2番目に、コーナリングは、筑波スカイラインで走行してみましたが、街中での安定感がまるでなく峠道は苦手かなって思いました。

3番目に、ブレーキは、特に違和感なく止まります。問題なしです。

4番目に、加速。出だしがちょっと飛び出る癖があります、そして中間加速も2500ccの割には、速い部類では、ないです。それでも170馬力は、街中・高速共に余裕があります。

5番目に、エンジン音。やはり走行性能が高いだけに残念なところです。やはり直四の安っぽい音が気になります・・・。


☆内外装質感
・エクステリア 85
・インテリア 55
・運転席 70
・装備 70

→エクステリアは、文句なくカッコイイと思います。現行のアテンザもそうですがデザインが素晴らしくいいです。

2番目に、インテリア。インテリアは、エクステリアと比べるとちょっと残念です。メーターやインパネが安っぽく、シートも自分には、合いませんでした。

3番目に、運転席。こちらは、好みによりますが広すぎるので70点としておきます。狭いよりは、マシです。

4番目に、装備。当時(2008年)ならもっと点数は、高かったが今となっては、70点ぐらいです。ただ、クルコン、パドル等スポーティな装備がついていて、これで不満は、ないと思います。

☆静粛性 70
特に静粛性は、重視しませんが、スイフト同様高速域でのノイズは、大きめです。

☆総評
・コスパ 85
・運転して面白いか?65
・次期候補 30

→コスパは、2500CCクラスでは、かなりいいと思います。250万~でこの装備は、いいと思います。

2番目に、運転して面白いか?
現愛車と同じく直4のFFなので、ハンドリングや直進安定性は、ほぼ同じです。
60-100キロの加速は、アテンザ、コーナリングは、スイフトという感じです。



H27.01.30

ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ 2015/01/01 23:12 ] レンタカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasu278.blog.fc2.com/tb.php/58-6a796567