FC2ブログ

試乗記の評価のつけ方について

試乗記の評価方法について

・当チャンネルの試乗インプレッションの評価は、1点~5点までの間で評価をつけます。
もちろん1点が最低の評価で、5点が満点という事になります。

・当チャンネルの試乗インプレッション評価は、軽自動車であろうがレクサスLSであろうが全て同じ基準で評価を実施いたします。軽自動車にしては走りがよいので満点の5点という事には、ならない。当然ながら価格が高い大排気量車などの高級セダンの評価が高くなりがちになるが、例えば、軽自動車と高級セダンの評価が同じ3点なら、価格の安い軽自動車の方がコストパフォーマンスが良い車という事になります。

・評価をつける項目は、動力性能、ハンドリング、ブレーキ性能、乗り心地、静粛性、エンジン音、内外装のデザインや質感、車内の広さ、装備、総評の項目を見ていきます。それぞれの項目の評価のつけ方を説明いたします。


① 動力性能
→大きく分けて発進加速、中間加速、全開加速の3種類がある。

発進加速
→主に信号が青になってから法定速度になるまでの加速性能を見ていきます。
・アクセルの踏み込み量に対し遅れもなく、飛び出し感もなく発進するか?
・加速の盛り上がりや加速力はどの程度あるのか?
・加速時のエンジン音はどうなのか?


中間加速
→主に20km-60km、30km-70kmなどの交差点を曲がった後の立ち上がり加速や車線の多い道でのレーンチェンジ後の加速力の評価になります。
・アクセルの踏み込み量に対し遅れもなく、飛び出し感もなく発進するか?
・加速の盛り上がりや加速力はどの程度あるのか?
・加速時のエンジン音はどうなのか?


全開加速
→主に高速道路での合流加速や追い越し加速などの加速力を評価していきます。
・アクセルをべた踏みした時に遅れもなく加速していくかどうか?
・加速の盛り上がりや加速力はどうなのか?
・加速時や高回転まで回した時のエンジン音はどうなのか?


② ハンドリング
→ハンドルの手触り、握りやすさをチェックし、ハンドルの切れ味や、コーナーに入ってからの安定性を中心にチェックします。

③ ブレーキ性能
→ブレーキの利き具合をチェックする項目で、最初のブレーキたっち(軽め)、やや強め(半分)、そして急ブレーキと3種類の項目でチェックいたします。ブレーキの利きが弱すぎず、強すぎず、自分の思っていた通りに停車できるかどうかを見ます。

④ 乗り心地(シート、突き上げ感など)
→基本的には荒れた路面の多い道を走り、上下の突き上げ感や左右の横揺れがうまく丸められているかチェックします。また揺れた後の収まりの速さなどもチェックしております。
長時間乗車だと、シートの出来も乗り心地に影響してくるので、シートの硬さやホールド感なども乗り心地の評価に加えています。

⑤ 静粛性
→エンジン音、ロードノイズ、風切り音、車内から出る異音(ビビり音)が静かかどうか?
のチェックをしております。


⑥ エンジン音(音質)
→低音でスポーティーかつ官能的な音がするかどうか?

⑦ エクステリアの質感
→スポーティーかつ存在感があるデザインをしているかどうか?

⑧ インテリアの質感
→プラスチッキー感がなくソフトパッドや合成皮革を多く使っているかどうか?
インテリアの設計はどうなのか?(シフトレバー周り、ドアの内張、エアコンの吹き出し口、メーターのデザイン、センターコンソールボックスの質感)。
前席とくらべ後部座席の質感が低くなっていないかどうか?


⑨ 車内の広さ(運転席・後席)
→運転席周りは窮屈ではなく広く快適かどうか?後部座席は足元、頭上のスペースがしっかりと確保されているかどうか?前後席のシートの大きさは十分なサイズ感か?ラゲッジスペースはどうなのか?

⑩ 装備
→あげるときりがありませんが、装備がついていればついている程、評価があがります。

⑪ 総評・コストパフォーマンスなど
→試乗した車の良い点と不満な点、そしてどんな人にお勧めなのか?について




作成日:2021年3月25日(木)

[ 2021/03/26 09:29 ] 日記 | TB(0) | CM(-)

【2020年度】高級車、大排気量車の維持費について【実は格安】

P1040819.jpg

今回は、高級車または大排気量のスポーツセダンやスポーツカーの維持費について、
V36スカイラインの前に乗っていたコンパクトカーと比較して話していきたいと思います。

さっそくですが、高級車は、維持費が高いというイメージを持たれている方々が多くいるのかと思います。
実際、中古市場を見ると、とにかく格安で販売されていますよね。

中古市場では、高級車の新車販売価格からの下落幅が大きいことに気が付きます。
軽自動車の中古相場を見ると、高い価格で売られており需要が高いことがわかります。
軽自動車は、燃費もよく、小回りも良く、自動車税が格安という事から中古価格が安定して高いといえます。
みなさまは、高級車や大排気量車を購入しようと思うとき、どんな事が浮かびますでしょうか?10秒ぐらい考えてみてください。

燃費が悪い、自動車税が高い、部品が壊れたら高そう~、などいろいろと購入をためらってしまう不安要素が浮かんでくるかと思います。

そういった不安要素があるため購入をためらってしまう方々が多くいるため、高級車の価格が下落していく傾向があります。
下落をするものの、良い個体が多く新車購入ではコスパが悪いものの、中古車を購入する場合かなりお買い得であります。

なぜお買い得かというと、高級車を新車で購入する人の多くは、だいたいですが50-60代の方々が多く、荒っぽい運転をする方々も少なく、メンテナンスもディーラーなどでしっかりとやっている方々が多いという事です。

高級車は、新車価格が高額なので常に最高な状態を維持したいという人が多く、その車が3年後、5年後に中古市場に出回るという流れなので良い個体が多くあるといえますね。

トヨタのクラウンなどのタクシーでは、走行距離20万km、30万km以上走行しているタクシーなども多く、国産の高級車はかなり丈夫に造られております。

私のV36スカイラインも5年落ちで走行距離9万kmぐらいのものを買いましたが、現在5年で約6万km乗りましたが、今の所まったく故障している箇所がありませんですし、エンジンも絶好調です。

V36スカイライン15万km突破、メンテナンスについてのブログも今後作成しようと思います。
続いて、私がV36スカイラインに乗る前に4年乗っていた新車購入した2011年式スズキスイフトと現在乗っているV36スカイラインの維持費について語っていきます。
まずスイフトとスカイラインのスペックを見ていきましょう。

スズキZC72Sスイフト
排気量:1242CC
カタログ燃費:23.0km(10.15モード燃費)
最高出力:91ps/6000rpm
最大トルク:12.0kg-m/4800rpm
販売価格:131.2万円

日産V36スカイライン
排気量:2495CC
カタログ燃費:12.2km(10.15モード燃費)
最高出力:225ps/6400rpm
最大トルク:26.8kg-m/4800rpm
販売価格:352万円

このようなスペックとなっております。排気量約2倍、カタログ燃費約2倍、車両価格約3倍、重量約1.5倍UPしており、レギュラーガソリンからハイオクへ変更となりました。

数値だけみると維持費が倍以上かかるように見えますが、実際1.5倍ぐらいの差ぐらいかなと思います。年間の自動車税、ガソリン代を見ていきましょう。

スカイラインの平均燃費が約10-11km程度、スイフトが約17km程度だったので
1年1万km走行したとして、

レギュラー100円、ハイオク110円を想定した計算では、
V36スカイラインリッター10km=110000円(マークX=100000円)
スズキスイフトリッター17km=58800円

ガソリン代の差額は、年間約50000円の差で、月間だと4200円ぐらいの差だということがわかります。私の場合、スイフト維持していた頃の月極駐車場代が8000円でした。
スカイラインを維持している現在は4000円の駐車場を借りております。へりくつには、なりますがスカイラインとスイフトの月間ガソリン代の差額が駐車場を変更したことにより、ほぼなくなりました(笑)。

続いてスカイラインとスイフトの自動車税は、
1500CC:34500円(スイフト)
2500CC:45000円(スカイライン)
となっており年間約1万円程の差となっております。月間だと約830円程の差となります。

自動車税の差額は、ほぼないようなものだと思います。
他にも、車検代とか任意保険代とかありますが、そんなにスイフトと変わらないと言っていいと思います。車検代は重量税が1500kg以上あるので2万円程高くなりますが、2回車検を通しましたが2回ともに10万程度で済んでおります。

スイフトを4年間、スカイラインを5年間維持してきてかかる維持費については、こんなところですね。ここまで話してきて、一番維持費に差が出るのがやはり燃費ですよね。

ただ燃費もですが、カタログ燃費では2倍ぐらいの差があるのですが、私の乗り方では、約1.5倍程度の差だったという事です。

私は、住んでいる地域が比較的渋滞もなく、流れのよい国道が多いということと、短距離走行を極力避けているということもあり、カタログ燃費の悪いスカイラインがカタログ燃費付近まで実燃費を持ってこれているという事です。

大排気量車は、高速とかひたすら走っているとカタログ燃費を大幅に超える数値が出たりします。どこかのブログ記事で3500CC のクラウンが高速で17キロ走ったっていう記事を見かけた事もあります。

逆にスイフトは、パワートルクに余裕がないのでアクセルを踏む場面が増えてしまい、そこそこ燃費はいいものの、カタログ燃費付近まではいかないようでした。

要するに、住んでいる地域も交通状況などによって実燃費は大幅に変わってくるのかと思います。
ここまで話してきて、高級車の維持費は、そんなにかかっておらず、コンパクトカーと比較してもそれほど大きな差がないという事がおわかりいただけたかと思います。

その維持費の差額以上に高級車に乗れるというメリットがあると私は思います。
それでも年間5万円の燃費の差は、でかいとか自動車税の1万円の差は大きいとか、
車は足車で十分といった方々は、高級車ではなくコンパクトカーや軽自動車がいいのかなと思います。

または、年間5万km以上乗りますという方々だと、その差額は5倍にも6倍にもなりますので、ハイブリッドカーや軽自動車がおススメだと思います。

要するに、人それぞれ車に対する求めるものというものが、違うわけで高級車がいい、コンパクトカーがいい、とは言えません。自分が決めることといえば決めることですね。

という感じで大排気量車の維持費について話を終えようと思います。

[ 2020/06/07 10:31 ] ブログ | TB(0) | CM(-)

V36スカイラインの歴史、グレード、前期・中期・後期について

今回は、再びV36スカイラインについて話したいと思います。前回、V36スカイラインをおススメする理由5選を語りましたが、今回はV36スカイラインってどんな車なのかについて知らない人もいると思いますので、じっくりと語っていこうと思います。

では、さっそくですが、スカイラインとは、日産自動車の車であり、日産の中で最も歴史のある車です。1957年に誕生し、現在60年以上も続く名車であります

中でも3代目のハコスカや4代目のケンメリ。そして8代目の直列6気筒ターボエンジンを搭載したR32型スカイラインが有名です。
その後、R33、R34と続き、11代目としてV35スカイラインが登場、エンジンもそれまでの直列6気筒エンジンからV型6気筒エンジンへ、さらにスポーティ路線からラグジュアリー仕様の高級セダンの路線へと変更された。ここが大きな転換点でもありました。V35スカイラインが2001年から2006年まで販売されました。V35スカイラインクーペの方は、2007年まで販売されていました。
そして12代目でV36スカイラインが2006年11月に登場という事になります。

最初はセダンのみがモデルチェンジとなりました。V35スカイラインと比べよりスポーティなデザインとなり当時結構話題になったそうです。一番大きな変更点がエンジンであり、
排気量はV35スカイライン同様2500CCと3500CCのV型6気筒エンジンでしたが、VQDEエンジンから新世代エンジンVQHRエンジンへ変更となりました。
VQHRエンジンとは、ハイレスポンス、ハイレボリューションの略で高回転を示す通り、エンジンの最高回転数は7500回転までとなり、当時日産のV型6気筒エンジンでは、初めて300馬力を超えたモデルとなりました。2500CCも3500CCもVQHRエンジンとなり、パワー、トルクもアップし、さらに燃費も向上した。

V35スカイライン250GT         V36スカイライン250GT
最高出力:215ps/6400rpm        最高出力:225ps/6800rpm   
最大トルク:27.5kg-m/4400rpm     最大トルク:26.8kg-m/4800rpm
価格:¥2772000~           価格:¥2790000~

V35スカイライン350GTプレミアム   V36スカイライン350GTタイプS
最高出力:272ps/6000rpm        最高出力:315ps/6800rpm   
最大トルク:36.0kg-m/4800rpm     最大トルク:36.5kg-m/4800rpm
価格:¥3286500~           価格:¥3486000~

上記の通り、V型6気筒エンジン搭載でなおかつFR車で販売価格270万円からという
今では、考えられない値段で売られておりました。
V36スカイラインの国内でのライバル車は、当時トヨタのマークXやレクサスのISで、
輸入車は、BMW3シリーズやメルセデスベンツCクラスやアウディA4あたりがライバルでした。当時土屋圭市さんがV36スカイライン350GTを乗ってBMW335に勝った動画を先程見ておりましたが、ドイツ御三家にも負けない国産最強のセダンだと思いました。
V36スカイラインは2006年に登場して、その後2014年まで販売されました。
約8年間ということで、スカイライン史上最も長く販売されたモデルとなっており、途中2007年にスカイラインクーペ、2009年にスカイラインクロスオーバーが追加販売開始しております。
販売期間が長かったため、V36スカイラインセダンは、前期、中期、後期とあります。
前期が2006年11月から2008年11月まで販売されていたモデルで、先程いいました通り2500CCエンジン、3500CCエンジンを搭載したモデルとなります。
2008年12月マイナーチェンジが行われ、中期モデルが誕生、大きな変更点が、3500CC のVQ35HRエンジンがスカイラインクーペと同じ3700CCのVQ37VHRエンジンへ
トランスミッションも5速ATから7速ATへ変更となった。

V36スカイライン350GTタイプS   V36スカイライン370GTタイプS
最高出力:315ps/6800rpm       最高出力:330ps/7000rpm   
最大トルク:36.5kg-m/4800rpm     最大トルク:36.8kg-m/5200rpm
価格:¥3486000~           価格:¥3696000~
トランスミッション5速AT       トランスミッション7速AT

スカイラインクーペと同じエンジン、税金も4000CCクラスとなり売れ筋が
完全に2500CCが中心となりました。
中期モデルが2009年12月まで販売されました。
2010年1月にマイナーチェンジが行われ、後期モデルが誕生、大きな変更点は、
2500CCモデルが5速ATから7速ATへ変更、内外装が大きく変更となりました。
バンパーやヘッドライト、グリルなど大幅に変更となり、よりスポーティなデザインとなりました。
後期型は、2014年まで販売され、その後現行V37スカイラインへとバトンタッチされました。
私が乗っていますV36スカイラインの後期型のグレードを簡単に説明すると、
まず一番安く乗れてお買い得な250GT、Aパッケージというグレードがあります。
こちらは、ナビやETCなど装備があまりついてないグレードとなります。販売価格は、2898000円からとなっております。次に250GTという標準グレードがあります。Aパッケージと比べ十分な装備が付いているグレードとなります。250GTの上にタイプVというグレードがあります。こちらは、後席エアコン、プラズマクラスター搭載エアコンなど快適装備が標準グレードにプラスしてついてくるグレードとなります。
さらに上にタイプP、タイプSとあります。
タイプPは、高級装備が備わったグレードで、本革シートであったり、オプションでクルコンやBOSEサウンドをつけられたり、パワーシートのメモリー設定があったりといった高級グレードです。タイプSが専用バンパー、18インチアルミホイールやパドルシフトなどスポーティな装備が充実したグレードとなります。370GTにだけタイプSPという最強なグレードが存在します。
[ 2020/05/16 07:56 ] 日記 | TB(0) | CM(-)

【2020年】今頃?V36スカイラインをおススメする理由について!

P1040577.jpg

最初にV36スカイラインについてですが、
日産自動車が2006年から2014年頃まで販売したモデルとなります。
V36スカイラインのグレードや前期、後期の違いについては、別の記事を作成しようと思いますので、今回は、前置きのみとさせていただきます。
さっそくですが、タイトルにもあります通り、2020年、今頃なんでV36スカイラインをおすすめするのかについて、語っていきたいと思います。

V36スカイラインは、2500CC と3500CC、3700CCと3種類のエンジンがあります。
全てV型6気筒エンジンを搭載しており、アイドリングストップなども付いておらず、
カタログ燃費は、11.2km/ℓ程度となっております。
実燃費で2500CCなら8~9km/ℓぐらいになるかと思います。またガソリンは、レギュラーではなく全てハイオク仕様となっております。

何が言いたいかというと、日本人の多くの人が車を購入する時にいかに低燃費であるか、どうかという事を最優先に車選ぶという事がいえます。
今年発売となったトヨタヤリスやホンダフィットのハイブリットモデルを見ると、カタログ燃費が35km/ℓ前後あり、V36スカイラインのカタログ燃費の約3倍もあります。
また高級車もハイブリット化が進んでおり、トヨタのクラウンは、2500CCエンジンをハイブリット化し、カタログ燃費23.2km/ℓまで伸ばしております。クラウンハイブリッドもV36スカイラインより約2倍低燃費だといえます。日本人の多くは、走りよりも、低燃費を一番に考え、室内が広く、内外装の質感がそこそこ良いという車を中心に選んでいると思います。

以上の事から、ハイブリッドでもなくハイオク仕様で燃費が悪いV36スカイラインは、新車価格は、高かったものの、中古市場では買い手が少なく、価格が大きく下落していっております。
燃費の他にも、室内はミニバンと比べたら狭く家族向けでもなく、峠を攻めたい、サーキット走行したいという人は、ランエボやWRXSTI、BRZなどのスポーツカーへ行ってしまうし、ただ単に足車が欲しいという方は、軽自動車に行ってしまうので、自動的に価格が下落するということがいえます。
ここまで聞いてくれた方々は、足車にもならず、スポーツカーでもなく、ファミリーカーでもなく、はっきり言って価値がないのでは?と思った方が多いかと思いますが、価格が大きく下落したことに、V36スカイラインをおススメする理由があります。
私が買ったV36スカイラインの年式が2010年式で、グレードがタイプVという標準グレードの1つ上のグレードでありまして、車両価格が352万円でいろいろ装備すると余裕で400万~450万ぐらいはする車です。走行距離は結構いってましたが、5年落ちで100万だったか110万円で乗りだせました。
メーカーオプションのリアスポイラーやマットガード、キッキングプレート、さらにはタイヤもレグノを履いておりました。
高級車を新車時の4分の1程度で乗りだせており、デザインも後期仕様なので全然古さを感じないし、5年経ったいまでも乗るたびに満足しております。
いまだとさらに安くなっております。ざっとカーセンサーを見てみましたが、
2010年式なら、走行5―6万kmで約70-80万円ぐらいで乗りだせます。
ここがまずV36スカイラインをおすすめする理由の1つです。
1点目は価格でしたが、2点目は所有する喜びや満足度が高いということです。
スカイラインもV型となり高級車となりましたので、インテリアも高級感があるし、エクステリアもいいので、コンパクトカーや軽自動車を所有するより満足度は、高いといえます。
3点目が、やはりV型6気筒エンジンを搭載しているということです。現行の車では、スカイライン、レクサスやクラウンで2500CC、V型6気筒エンジンを廃止し、直列4気筒2000CCターボに置き換えられているので、V型6気筒エンジンを低価格で乗りたい人にはおすすめできるかと思います。
4点目が、意外と維持費がかからないということです。1年1万km走行したとして、
レギュラー100円、ハイオク110円を想定した計算では、

V36スカイラインリッター10km=110000円(マークX=100000円)
ノートガソリン車リッター20km=50000円
ヤリスハイブリッドリッター30km=33300円

上記の通り、車両価格が安い事を考慮すると、思ったほどガソリン代に差がないということがいえますね。アイドリングストップ者車などは、ガソリンの他にもバッテリー交換が必要となるのでさらに価格差が縮まります。
さらに自動車税を見ると、

1500CC:34500円
2000CC:39500円
2500CC:45000円

となっており年間で1500CCと2500CC では、約1万円程度の差しかありません。
5点目が走行性能が高いということです。
スポーツカー程では、ありませんが、2500CCとなるとパワー、トルク共に余裕があり少しアクセルを踏んであげれば、加速してくれるので流れのいい道や高速でも楽々運転ができます。前にコンパクトカーに乗っておりましたが、パワー、トルクともに不足しており、
踏んでも直列4気筒なので、V型6気筒エンジンと比べ音もよくなく苦労する場面が多かったです。

以上5点が2020年今頃V36スカイラインをおススメする理由についてでした。

[ 2020/05/07 18:49 ] ブログ | TB(0) | CM(-)

佐原・潮来のあやめ祭りへ

佐原・潮来のあやめ祭りへ行ってきました。




5399.jpg

5400.jpg

5401.jpg

5402.jpg

5403.jpg

5404.jpg

5405.jpg

5406.jpg

5407.jpg

5408.jpg

5409.jpg

5410.jpg

5411.jpg

5412.jpg


潮来のあやめ祭りを堪能し、
続いて佐原へ移動しました。

5413.jpg

5414.jpg

5415.jpg

5416.jpg

5417.jpg

5418.jpg

5419.jpg

5420.jpg

5421.jpg

5422.jpg



ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村
[ 2019/06/30 11:27 ] 茨城県 | TB(0) | CM(-)

トヨタメガウェブ&BMWショールームへ

トヨタメガウェブ&BMWショールームへ行ってきました。


5322.jpg

最初にトヨタメガウェブへ
新型クラウン

5321.jpg

最近出た新型RAV4

5323.jpg

現行プリウス

5324.jpg

5325.jpg

トヨタのレーシングカー



5330.jpg

BMWショールームへ

5331.jpg

5332.jpg

i3

5333.jpg

5334.jpg

7シリーズの内外装

5337.jpg

330i

5335.jpg

5336.jpg

新型320i

5338.jpg

Z4

5339.jpg

X5

5340.jpg

420i

5341.jpg

X4

5342.jpg

X3

5343.jpg

X2

5344.jpg

X1

5345.jpg

218d

5346.jpg

118d

5347.jpg

220i

5348.jpg

5349.jpg

mini



ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村
[ 2019/06/21 23:13 ] 都内・街 | TB(0) | CM(-)

アルトL

車検の代車で現行アルトを借りました。


5300.jpg

フロント

5301.jpg

サイド

5302.jpg

リア

5303.jpg

前席インテリア

5304.jpg

前席シート

5305.jpg

後席シート

5306.jpg

ハンドル&メーター



アルトL試乗動画

ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村
[ 2019/06/17 22:30 ] スズキ | TB(0) | CM(-)

成田山新勝寺・公園へ 19.5.18

成田山新勝寺と成田山公園へ行ってきました。


5270.jpg

5271.jpg

5272.jpg

5273.jpg

5274.jpg

5275.jpg

5276.jpg

5277.jpg

5278.jpg

5279.jpg

5280.jpg

5281.jpg


写真ばかりになりましたが、いつ行っても楽しめる場所です。



ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村
[ 2019/06/16 08:42 ] 千葉県 | TB(0) | CM(-)

フィット13G F

ホンダフィット13Gをタイムズカープラスでレンタルしてきました。


5220.jpg

5221.jpg

フロント

5222.jpg

サイド

5223.jpg

5224.jpg

リア

5226.jpg

トランク

5225.jpg

タイヤ&ホイール

5227.jpg

前席インテリア

5228.jpg

前席シート

5229.jpg

後部座席

5231.jpg

メーター



ホンダフィット13G試乗動画



ホンダフィット13G内外装編



ホンダフィット13Gエンジン始動時

ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村
[ 2019/06/09 16:24 ] ホンダ | TB(0) | CM(-)

牛久大仏・阿見アウトレットへ 19.5.18

牛久大仏と阿見アウトレットへ行ってきました。


5240.jpg

昼頃阿見アウトレットへ到着。
いがいと人が少なく快適に買い物ができました。

5241.jpg

牛久大仏と圏央道

5242.jpg

5243.jpg

天気が良く、遠くには筑波山が見えます。

5244.jpg

5245.jpg

5246.jpg

久しぶりにクレープを食べました。



阿見アウトレットで撮影した動画。

5247.jpg


阿見アウトレットのつぎは、牛久大仏へ

5248.jpg

5249.jpg

5250.jpg

入場料は、800円。

5251.jpg

5252.jpg

牛久大仏が大きく見えますね。

5253.jpg

5254.jpg

大仏様の中

5255.jpg

5256.jpg

5257.jpg

5258.jpg

5259.jpg

5260.jpg


ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村


[ 2019/05/23 21:38 ] 日記 | TB(0) | CM(-)