FC2ブログ

アテンザワゴン25S Lパッケージ

アテンザワゴン25S Lパッケージ  6BA-GJ5FW
駆動方式 FF
トランスミッション 6AT 直列4気筒 PY-RPR型
排気量 2488CC
最高出力 190PS/6000rpm
最大トルク 25.7kgf/4000rpm
車両サイズ 4805mm×1840mm×1480mm
車両重量 1560kg

総合 85
走行 80
外装 88
内装 85

☆関連リンク☆
ニューモデル速報 第505弾 新型アテンザのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
アテンザ2.0動画
アテンザ22XD Lパケ
アテンザ20S

4780.jpg

フロント

4781.jpg

フロント②

4782.jpg

リア①

4783.jpg

リア②

4784.jpg

19インチアルミホイール

4785.jpg

インテリア

4786.jpg

カタログ

今回試乗したグレードは、上級グレードの25S Lパッケージ(¥3542400~)。
見積りを出してもらい、乗り出し438万でした。
装備もいろいろとついていますので結構お高い価格となりました。
片側2車線の国道を中心として20分ぐらいの軽い試乗となりました。
さっそくディーラーを出て60kmぐらいまでいつもの様に加速してみました。直列4気筒で最大トルク25.7が4000回転で出るので軽快で伸びのある加速をするのかと思ったが、意外にもワンテンポ遅れて加速していく感じだった。重量が重いのかと調べてみたら1560kgもあった。直列4気筒のFFでこの重量だとデメリットな感じしかしませんね~。
続いて、中間加速のチェック(40-80km)、やはり重量なのか、ワンテンポ遅れて加速します。加速力は2.5Lなので十分といった感じなのだが、重さが残念な感じです。
最後に、20kmぐらいから結構強めに加速してみました。
6000回転ぐらいまで良く回る感じで、エンジン音も4気筒としては、不快な感じの音ではなくスポーツ色の強い音がしていました。
190馬力までパワーアップしているので、街乗り程度では不満もなく良く回るエンジンで、回して楽しめるエンジンだと思いましたが、
V6エンジンと比べてしまうと、高回転域でのパワー感は感じられないし、エンジン音もそれと比べると劣る感じはします。

ハンドリングは、19インチホイールを履いていますので、安定感があり自分好みの重さでいい感じに曲がってくれます。
最上級グレードなので、装備も内外装のデザインも文句ない出来なのであえてコメントする必要はないかなといった感じです。
今回のマイナーチェンジでさらにエクステリアの存在感、迫力が増したなと思いました。
かなり完成度の高い車に仕上がっているなという感じでした。

試乗日:H30.10.27




ランキングに参加しました。
yasu278は、何位かな?クリックお願いします。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[ 2018/11/24 17:33 ] マツダ | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yasu278.blog.fc2.com/tb.php/187-05b4174e